ドリフトのきっかけ作り

[スポンサーリンク]

ドリフトをする際には、きっかけ作りが非常に重要です。

スタート→ドリフト
まずは停止状態から一気にアクセルを入れます。
グリップ力の低いドリフトタイヤでは、駆動力がタイヤのグリップ力に対して強くなる為、タイヤが空転し始めます。
この空転状態でステアリングを切ると、その方向に車体が滑り出します。
一番簡単なきっかけ作りなので、まずはこれから覚えていくといいでしょう。

パワードリフト
「スタート→ドリフト」のきっかけ作りと同じく、アクセルを入れることでドリフトのきっかけを作るのは同じですが、停止状態からのドリフトと違い、パワードリフトは走行中のラジコンカーで行うテクニックです。
走行状態からのドリフトなので難易度が上がりますが、ドリフト走行には必要なテクニックの1つです。

スロットルオフ
スロットルを抜くことにより、車の荷重を一時的にフロント側に寄せ、軽くなったリアをステアリングを切る事で滑らせるテクニックです。
ブレーキをかける荷重移動も効果的です。
このテクニックを使えば、コーナー進入時はもちろん、ドリフト中の切り替えしも可能になるため、是非とも身に付けておきましょう。


[スポンサーリンク]