ケツカキって何?

[スポンサーリンク]

ラジコン4WDカーの前後駆動比は基本的に1:1ですが、実車の豪快なドリフトアングル(姿勢)やカウンターステアをラジドリで再現するための試みとして意図的に駆動比率を変更する方法があります。

 

それが通称ケツカキ仕様です。

 

前輪より後輪を速く回すギアセッティングを行うことで、ステアリングを切ると同時に車体が斜め向きになり、常にカウンターステアを当てる必要がでてきます。

実車のFR駆動車と同様に、「暴れる後輪をカウンターステアで制御」という動きを再現できるため人気があります。


ただし、独特のクセから直進走行が難しくなったり、モーターや駆動系に負荷がかかりやすいなどデメリットもあります。

 

試してみる場合は、アクセルワークやメンテナンスに注意しましょう。

 

ヨコモからはドリパケ専用品として、リア用1.5倍とリア用2.0倍の増速ギアが発売されています。


[スポンサーリンク]