オイルダンパーの注意点

[スポンサーリンク]

オイルダンパーはいくつかの注意点があります。

 

まず一番に注意しなければいけない点は、左右のダンパーは必ず同じ硬さに揃えなければ意味がないということです。

 

左右のダンパーの硬さが揃っていないと、走行に悪影響がでてしまいます。

 

ダンパーの硬さが揃わない要因として、シリンダー内の空気量が違っていたり、シャフトとOリングの摩擦抵抗が異なっているなどが考えられます。

 

シリンダー内の空気量の違いによる硬さの違いは「ダイヤフラム式」と「エアレーション式」の両方式で発生します。 

 

ダイヤフラム式はシリンダーの中の空気を完璧に抜く必要があります。

逆に言えば完璧に空気を抜くだけでダンパーの硬さを揃えることが可能です。

 

エアレーションタイプはオイル内に気泡となった空気が混入しており、サスペンションが縮んだ際にはこの気泡が圧縮されます。

 

ダイヤフラム式より構造が簡単になるのですが、オイル内部の気泡の量を揃えるのが難しくなります。


[スポンサーリンク]